妊娠中の高麗人参の使い方

新陳代謝を活性化

妊娠中の高麗人参の使い方

妊娠をすると個人差がありますが、
人によっては口に何を含んでも美味しいと感じられない・食べた後は必ず嘔吐してしまう・まったく食べ物を受け付けないという方がいらっしゃいます。
そんな方には、高麗人参の最初に感じられるまろやかな甘みや、後からくる高麗人参独特な苦みはとても辛いものになるのではないでしょうか。

http://www.toolbarsoftware.com/kk3.htmlにも書いてあるように妊娠中は高麗人参の摂取は避けるようにしてくださいという方もいらっしゃいますが、基本的には大量に摂取しない限りは大丈夫なようですし、
妊娠中に気になるむくみや身体のだるさなどにも効果がある他にも、胎児への健康な役割もあるとされていますので、摂取する方が良いとされています。
摂取する場合は、必ず主治医に相談してから摂取することが大切であり、量も必ず決められた量以上は摂取しないよう心がけましょう。

また、高麗人参の摂取の仕方には基本的にサプリメントhttp://www.aacip.com/inexpensive.htmlとお茶での摂取の仕方があり、悪阻が酷い時期はサプリメントを使用し、
悪阻が治まった頃は中期から後期が多いのでその時期はむくみが気になってくるでしょうから、手軽に摂取することができる高麗人参のお茶に切り替えると良いでしょう。

むくみは水分を摂取し過ぎることによって酷くなってしまうので、
身体が冷えないよう温かいお茶で飲むよう工夫したり、普段飲む麦茶などの代わりとして飲むことが大切になってきます。

また、高麗人参には高血圧を抑える作用や鉄剤などの代わりにもなりますので、どうしても妊娠してしまうと減少してしまう鉄や血圧を抑えることができるので、
とても女性には優しい漢方なのではないでしょうか。
男性にも嬉しい効果はいくつもあります。
男性に嬉しい高麗人参の効果についてはこちらで詳しく解説されています。

そして、気を付けてほしいことは大量摂取ですが、妊娠中はどうしても身体が疲れやすくなってしまうので無意識に多く摂取してしまう方が多いそうなのです。
どれだけ身体が疲れていても多く摂取するからといって多くの効果を期待することは間違っていますので、このような理由の方は注意してほしいです。