新陳代謝を活性化

血圧の方には高麗人参

低血圧の方は血液を押し出す力が心臓の拍が弱まっているために不足してしまい、体中に血液を行きわたらせることが十分にできないのです。
低血圧の症状は、目覚めが悪くなる・身体がだるく頭痛がする・めまいや耳鳴りなど生活の中で支障をきたす症状が多くあります。

高血圧の方は問題視されることも多いのですが、低血圧の場合はあまり病院からも薬を出されるということもなく、
どうしても改善することができず放置してしまうという方が多くいるのです。

しかし、自律神経やホルモンなどにも影響を及ぼす可能性がありますので、放置したままということはあまりよろしいことではありません。

そこで、高血圧だけでなく低血圧にも作用がある高麗人参を使用することで自律神経のはランスを保つことができ、
ホルモンのバランスを調整することが可能なのです。

低血圧の方は高麗人参を1日に6グラム程度服用することが良いとされています。
高麗人参は低血圧を治すということではなく、体質を改善するというものなので医薬品のように短期間服用するものとは違い、
長期的に服用することが大切になってくるので短期で改善されないからといって、服用をやめてしまうことは避けてください。

また、自分に合う量でない場合、具合が悪くなってしまう症状が出る場合もありますが
その場合は、服用する量を少し減らし様子を見るだけにし、服用を止めるということはしなくても大丈夫です。

低血圧は大きく分けて4つのタイプに分類することができ、
副交感神経が緊張して発生する本能性低血圧・立ち上がった時などに起こりやすい起立性低気圧・
身体に血液を送り出す力が弱い慢性症慢性低血圧・睡眠薬を摂取して起こってしまった不定愁訴症候群による低血圧があります。

自分のタイプがどのタイプなのかもしっかり捉えたうえで高麗人参を摂取することで、
改善に向かっているのかが分かりやすいかもしれませんから、低血圧にもタイプがある事を理解しておきましょう。