最高品質の開城産高麗人参

新陳代謝を活性化

最高品質の開城産高麗人参

まず開城市で採れた高麗人参だけが昔は高麗人参といわれていたほどであり、
現在でも開城市の高麗人参は高値で取引されるほどの世界最高品質のものなのです。

また最高品質とされる理由の中には、高麗人参は人間の身体の形に似ているものほど良いものとされているのですが、
開城市の高麗人参は特に胴が短く脚が太いとされており、ふくよかな女性らしい美しい形をしているものとされ、商品価値が高くなっています。

高麗人参の中で最も重要となる部分は、薬用に利用する根の部分となり、
この根の部分が太いとされる開城市の高麗人参はとても大切なものとされております。
高麗人参の根の部分は、その地域の気候・土質・肥料などによって異なってきます。

開城市以外にも栽培している地域もあり、アメリカやロシアそして日本などでも栽培を行っている地域はありますが、
暑すぎず寒すぎず水はけが良い場所でなければ、まず栽培を行うことはできません。

また、高麗人参は人工的な栽培はとても難しいものとされており、種子をまいてから6年後でなければ収穫はできませんし、
この6年間の間は直射日光や風雨にはさらされないよう気を付けなければなりません。

そして高麗人参は土の中の栄養分を全て吸い取ってしまうとされていますので、収穫した後には最低で20年は収穫した土地を放置する必要があるともされています。
それほど、高麗人参を栽培するということはとても大変なことであり、人々が大切に育てなければいけない植物だということなのです。

しかし、最高品質とされている開城市の高麗人参でも、最近では値段が下がってきており煎じ薬として使用されていた高麗人参も
現在では、エキスやお茶・お酒としてや、飴などと様々なものに取り入れられるようになり、自然と高麗人参を口にしている方も多くいるのではないでしょうか。
その中にも開城の高麗人参も含まれているようであり、最高品質のものでもとても身近なものとなっているようです。